雨に濡れたアスファルト

ミーハーKSDDですいません。

M.T.に新生オールスター軍団としてのチームAの姿は捧げられるのか

やっとはじまったチームA新公演

M.T.に捧ぐ公演。

チームAにとって5年半ぶり新公演。

延期に延期を重ねて迎えた2月10日。

 

そういえばこの前の指ぺディアで

ヒャダインは「アイドルソングは歌い手、曲、歌詞、衣装、客席のコールまで含めた総合芸術」と語り

それに同意した指原も「初披露する曲はお客さんの前で披露して初めて完成する」みたいなこと言ってて

なるほどなあ、と思ったわけです。

 

この公演の真価はあと何度か披露されてから、問われるのでしょう。

 

だって、”初日”というだけで、精神的にも身体的にもモチベーションを合わせやすいし、なんかドラマチックだし、なにやっても新鮮だし。

 

だから今の段階で公演の中身についてどうこう言うつもりはなくて。

ただ、チームAには期待したいって話なんです。

 

 

オールスター軍団ことチームAの復活

f:id:mndl34:20160214084000j:image

頻繁に行われる組閣でその色が薄くなりつつあるとはいえ、チームにはそれぞれ色があります。

チームKは体育会系、チームBはアイドル性、

そしてチームAはオールスターの銀河系軍団。

 

新公演を見ながら、やっぱり、チームAにはオールスター軍団であってほしいと願ってしまいました。

いや、きっと新たなオールスター軍団になってくれる予感がしたのです。

 f:id:mndl34:20160214083154j:image

小嶋さんぱるると言った超選抜様もさることながら、総監督ゆいはんもいる。

ビジュアル担当の代名詞あんにん、次期エース候補と呼ばれ続けてるなーにゃ、最近推されつつある谷口めぐ。

でもって、これまた推されてるヤバいやつみゃお、加えてちよりまーちゅんしーちゃんこまりことMC要員にもこと欠かない。

 

あれ、これ、オールスター軍団になれるんじゃない?

少なくともそのポテンシャルはあるんじゃなかなーって楽観的に考えてます。

もちろんまだまだです。これからです。

でもそのこれからが、楽しみです。

 

 

存在感を見せつけた兼任メン

オールスターチームAの全盛期になくて、いまあるものの一つが兼任制度。

f:id:mndl34:20160214083229j:image 

いまやシングルのセンターを務めるまでにもなった博多のさくらたん

ギラギラしている難波っ子のなかでも一層ギラギラしているみるるん

ふとりともさすがと言ったところの存在感だったように思います。

 

この二人の兼任で、チームAメンが得られるものは小さくないはずです。

 

 

新公演でチームAはどんなオールスター軍団に変貌を遂げるのでしょうか