雨に濡れたアスファルト

ミーハーKSDDですいません。

こじまこの覚悟~朱里チーム4公演初日~

 

高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにはいかない公演」初日。

 

こじまこの覚悟

アンコールMCで、こじまこは笑顔でマイクを取った。

高橋朱里チーム4結成となった時に、雑誌の取材の時とかに『新チーム4大丈夫か?』ということを結構聞かれることが多くて…」

そこでこじまこはほんの一瞬声をつまらせる。

 

「ここで…あのーこの場をお借りして言わせていただきますが、」

震える声にそのまま泣いてしまうのかと思った。

でも、おそらくこの時にこじまこの目線の先にいたキャプテン高橋朱里を見て彼女の声の震えは止まる。

きっとそんな風に何度も聞かれて悔しかったんだろう、覚悟を決めたようにいつにも増して確かな笑顔で言いきった。

 

「大丈夫です!」

 

その後のすがすがしい顔も凄みがあり、彼女は気迫に溢れていた。

 

f:id:mndl34:20151204051055j:plain

(『ハートが風をひいた夜』のこじまこ)

 

良いモノはちゃんと、届く

公演曲では、特にconfessionの反響が大きかったように思う。

姉妹グループから来ているメンバーもMCやパフォーマンスでも違和感なくなじみつつ、その存在感を発揮していた。

 

彼女たちの熱は「チーム4」というワードがTwitterでトレンド入りするぐらいちゃんと伝わっていた。

公演後のこじまこのGoogle+の”「ロックだよ、人生は…」のラストサビで思わず柵を乗り越えたくなった”という話からも、メンバーもその勢いを自分たちで感じていたのが分かる。

 

私は少しほっとした。良いモノが良いモノとして届かなければ意味がない。

ちゃんと、チーム4公演はファンたちに届いていた。

私も特別期待していたわけではなかったが、その熱がここまで届いた。

 

本当にいいものは、興味がなかった人まで、ずっと遠くまで、伝わっていくパワーを持っている。

 

キャプテン高橋朱里がアンコールMCで「これからのAKBグループが楽しみだと思ってもらえるように」と言葉にしたように、AKBグループの未来が楽しみだと思える人の輪がこの公演でどんどん広がっていってほしい。

 

 

最高のチームへ

さっきのこじまこの言葉には続きがある。

「(チーム4が)ほんとに最高のチームになる予感しかしてないですし、最高のチームになってます。もう仕上がり始めてます。」

 

最高のチームなんて口では簡単に言えるし、これまでいろんなチームが内外からそう評価されてきた。

 

でも、こじまこは本気だ。

これから48グループの未来を背負うこと、チーム4のエースとして立つことを自覚して、その上で、「最高のチーム」と言っている。

 

こじまこだけじゃない。

キャプテンの高橋朱里も、副キャプテンの岡田奈々も気合は十分。

 

チーム4が仕上がるのが楽しみだ。

 

f:id:mndl34:20151204051104j:plain

 

参考URL

小嶋真子が新チーム4についてコメント 「もう仕上がり始めてます」 (初日公演より) - AKB48@メモリスト

高橋朱里『新チーム4初日』キャプテンコメント - AKB48@メモリスト

AKB48高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」初日公演を終えたメンバーの投稿まとめ - AKB48まとめんばー

【AKB48】しのぶオフショット写真館―高橋朱里チーム4初日編 - AKB48まとめんばー