読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨に濡れたアスファルト

ミーハーKSDDですいません。

あいこは"勝ち"~HKT48×乃木坂46 in GUM ROCK FES~

 

指原は勝てない勝負には乗らない女。

逆に言えば、彼女が勝負に出るときは、そこに勝機を見い出しているということ。

その指原イズムはHKT48にも継承されている。

 

GUM ROCK FESでHKT48は、乃木坂46との戦いをあいこに持ち込んだ。

勝たずとも負けずに、HKT48はこの機会を最大限に利用した。

 

GUM ROCK FES HKT48 vs 乃木坂46

1/26武道館で行われたこのイベント。

プロレスをはじめいくつかのジャンルで対決構図が取られ、アイドル部門としてHKT48乃木坂46がしのぎを削った。

 f:id:mndl34:20160127024002j:image

指原はMCで会場にいた乃木坂46ファンの多さに触れた。

ステージに上がる前に抱いていた不安を語り、受け入れてもらえたことを喜び、乃木坂46ファンの懐にするりと入り込む。

続けて「相手(乃木坂46)は(HKT48より)格上」と乃木坂46に敬意を払うことも忘れない。 

この一連の発言自体は、おそらく大げさにへりくだったものではなく、指原の冷静な本音だ。

 

2015年躍進し、紅白に出場、CDも売り上げ良好、女性ファンの拡大を続ける乃木坂46

48グループからイマイチ頭一つ抜け出せず紅白を逃し、NGT48の結成で末っ子チームの特権がもう使えないHKT48

 

その差はだれの目から見ても明らかで、シビアなビジネス視点を持つ指原も十分すぎるほど理解していたはずだ。

 

 

HKTが目指した"勝ち"

HKT48はどうすれば勝てるのか。

彼女たちは勝負に勝とうとは思っていない。

 

勝たなくても、負けなければ、HKT48の"勝ち"だった。

 

勢いがある乃木坂46に負けないLIVEができれば、それだけでHKT48の評価は上がる。

つまり、"乃木坂46と戦えるポテンシャルがあること"をアピールすることが、HKT48にとってこの戦いの"勝ち"だった。

 

そこで、指原先生お得意の土俵を変えて勝う戦法である。

 f:id:mndl34:20160127024025j:image

凜とした美しさやパフォーマンスの質で圧倒する乃木坂46と真正面から戦っても、勝ち目はない。

HKT48は強みである"盛り上がるLIVE"に徹底的に特化したセットリストを組んだ。乃木坂46の盛り上がり曲である『ダンケシェーン』もカバー。

この日、乃木坂46のメンバーたちも気合が入っていて、素晴らしいパフォーマンスだったことは間違いない。

しかし、それと互角にわたり合えるような印象をHKTは残したのだ。

 

LIVEでの対決という明確なルールも判断基準もないこの勝負。HKT48乃木坂46に負けない盛り上がりで会場を包み、圧倒的実力差を忘れさせるような戦いを展開した。

 

どんな波も最初は現場からうなりをあげる。

現場の関係者やファンが、直に勢いを感じ、それが伝播され、やがて大きな波になる。

乃木坂46と戦える姿を見せたことで、HKT48がその最初の波を起こした瞬間だった。

 

乃木坂46に完全勝利したとは本人たちも思っていないだろう。格上相手になんとか食らいつき、あいこに持ち込んだのだ。

 

 

あいこは"勝ち"

結局勝負はじゃんけんで決まるというアイドル勝負にありがちな展開に。

代表者のさくらたんとさゆりんごの戦いは3回あいこが続いたあと、心理戦(とも言えない心理戦)の後にさくらたんが勝ち、HKT48が勝利という形になった。

f:id:mndl34:20160127024045j:image 

勝利が決まるまでに、3回あいこが続いたことは、HKT48が善戦したことを象徴していたように思う。

あいこという形でHKT48は"勝った"のだ。

 

 

2016年、HKT48は間違いなく躍進する。

 

乃木坂46になんとか食い下がったパフォーマンスをみせたLIVE対決。

HKT48とNGT48が勝負する形で進むバラエティ番組『さしきた合戦』

1/29にはNMB48と同時放映されるドキュメンタリー映画。

 

HKT48は短期間で結果として全グループと対決する構造が続く。

 

勝てない戦いの土俵には立たないHKT48が、満を持してあえて勝負に出る。

それが意味する未来で、彼女たちはどんな"勝ち方"を見せてくれるのだろうか。

 

 

[参考URL]

乃木坂46 VS HKT48、白熱のパフォーマンス対決 驚きの結末に会場熱狂 - モデルプレス(画像)

乃木坂とHKT同期激烈バトル最後は…//デイリースポーツ online

HKTと乃木坂が「パフォーマンス対決」 指原「歴史的大敗」にリベンジの結果は : J-CASTトレンド

真っ赤なゆいりんご

  
どんな表情もかわいい女の子ってズルいなって思う。
 

f:id:mndl34:20151209175332j:plain

 

 まずは見れば分かるゆいりんご

『今夜はお泊りッ』で気になり始めた若手の子は何人もいて、ゆいりーもその一人。 
表情豊かなゆいりーやられたといえばそれまでだけど、まあ、見てもらえれば話しが早い。
 
f:id:mndl34:20151214172124j:image
f:id:mndl34:20151214172138j:image
 
ほら、かわいくないですか?
笑顔がかわいいとか、決め顔がかわいいとかって子はもちろんたくさんいるんですけど、ゆいりーの場合どんな表情もかわいくないですか??ズルくないですか???
 
いやむしろかわいいだけじゃない。
 

f:id:mndl34:20151214171551j:plain

f:id:mndl34:20151214171502j:plain

f:id:mndl34:20151214171536j:plain

 
  
かっこいい表情から真剣なまなざしまで様になる。
ズルい、こんなの好きになるしかない。
 
もともと表情豊かな子が好きなのに。
 
 
でもって腹筋もバキバキである。
f:id:mndl34:20151214172229j:image
 
はい、好き。
 
 
 

 こりゃモテたなゆいりんご 

いや笑顔以外も全部かわいいとか強すぎる。
絶対モテるでしょこんなんって思った。
 
案の定、今夜お泊まりッで……
f:id:mndl34:20151214172246j:image
「(告白してきた人は)20以上」
 
あ、うん。
やっぱモテてた。うん、だよね。知ってた。
 
 
”かわいい”は、特に女の子にとっては圧倒的正義で太刀打ちできないもの。アイドルたるやなおさらのことだろう。
かわいさで優越感を抱いてみたり、逆に劣等感を抱えてみたり、ふりかざそうとすると、ろくなことがない。
 
でも、ゆいりーは(たぶん)かわいい自覚があるにもかかわらず、嫌味がなくそのかわいさを発揮している。
 
 

嫌味なく揺るぎなくかわいくいれる理由

その理由のヒントとなる言葉がある。
番組内で先ほどのゆいりーモテ伝説話が一通り終わった時に、 MC矢作さんが言ったのだ。
 
「君は自信があるからいいよね」
 
 
そう、ゆいりーにはかわいいという確固たる自信がある。
 
自信があるから、誰かと比べたりしないし、押し付けたりしない。
かわいいを狙っていないからこそ、どんな時でもかわいいのだ。
 
 
彼女にとってかわいいは日常であり、当たり前なのだ。
もちろんかわいくいるだけの努力はしているだろうけど、かわいいということ自体はアピールするまでもないことなのである。
 
加えてゆいりーは色白さんだ。
「色の白いは七難隠す」ということわざがあるくらいである。
真っ赤なゆいりんごというちょっとしっくりこないキャッチフレーズなんて簡単に隠れちゃうのである。
 
 f:id:mndl34:20151214172156j:image
 
かわいいうえにに七難隠したゆいりー。
どうかこのままかわいいままで。
 
 

めぐちゃんの叫び

 

私は与えられたものを与えられるままに受け取る怠惰なタイプのKSDDである。

逆に言えば、自ら新しい子を発掘しに行くことはほとんどない。

ただし大体のものを喜んでおいしくいただく。

 

在宅のため、私のなかでメンバーに興味を持つきっかけとしては公演は(前記事では4公演について書いたが実は)特別大きなウェイトを占めてる訳ではない。

雑誌や番組で取り上げられて、もしくは公演MCなどで話題になったりして、初めてそのメンバーに興味を持つ。

 

だから若手にあまり明るくない私にとって、今夜はお泊まりッは若手入門として役に立っている。

 

 

さて、ここからは今夜はお泊りッ#9のネタバレを含むので、それでもよい方は続きを読んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咳を我慢する女の子がこんなにかわいいなんて知らなかった

 

さて、#9の旅館編で強烈なインパクトを残したのが谷口めぐちゃんだった。

 

トークが面白くないと寝室に強制移動させられるという緊張感のなか番組は進行していた。

咳がちょくちょく出てしまっていためぐちゃんにMCのおぎやはぎは、「次咳したら寝室行き」宣告をする。

 

そしてめぐちゃんは我慢をする。

f:id:mndl34:20151205215520j:plain

喉をさする。眉間にしわを寄せる。

f:id:mndl34:20151205220005j:plain

涙目になってもなお、我慢する。

f:id:mndl34:20151205215529j:plain

 

か、かわいい…

咳を我慢する女の子がこんなにかわいいなんて知らなかったよめぐちゃん

 

 

出ましためぐちゃん魂の叫び

そしてついにやってくるその時…咳が…出てしまった

f:id:mndl34:20151205215938j:plain

なんだこの顔…かわいすぎる

そうだよね咳我慢するのあんなにがんばったもんね…

 

……ってよしよししたくなってたら、えええ!!

キレたああ!!?!!

f:id:mndl34:20151205220343j:plain

「なんで咳しちゃいけないの!」

絶叫である。引っ張っていこうとする手にビクともしない、

 

「そんなこと言っても許さないよ!」っておぎさん。

めぐちゃんの背中をそっと押すたつまき。

 

分かるよ、あんなに咳するの我慢してたもんね。

でもそんなに怒っちゃう?

笑っちゃうよ、ねえ、面白いよ。

しゃーない。そういう約束だったんだもの、しゃーないよめぐちゃん。

f:id:mndl34:20151205220503j:plain

 

ってまたキレたーーーー!!!!

f:id:mndl34:20151205220645j:plain

「まきちゃんこそ向こう行けばいいのに!」

いやいやいや、やつ当たりにもほどがある!!!

しかし間違いなく彼女の本心である。

矢作さんいわくまさに、魂の叫び。

 

 

大物政治家ばりの「記憶にございません」

めぐちゃんがすべてかっさらって本編が終わり、終了後の反省トークでめぐちゃんが再登場するわけですが、引きずってるのかと思いきやこの一言。

f:id:mndl34:20151205221128j:plain

「全然もう、記憶に残ってない」

 

…あ、あんなに絶叫していたのに???

 

すっきりした顔をして、ケロっとしている。

「爪痕残せてよかったね」ってなーにゃの言葉に「よかった~」なんて呑気にぱちぱち手を叩いている。

 

少なからずみんな動揺してましたけど!?!?

笑い全部かっさらっていきましたけど!!?!?!

ただ者じゃないんじゃないのこの子…とこれからのめぐちゃんが楽しみ楽しみ。

 

 

MVPめぐちゃんが豹変する引き金を引いたたつまきも、気になっていたりいなかったり。

今夜はお泊りッで追っていってみよう。

 

 

 

 

こじまこの覚悟~朱里チーム4公演初日~

 

高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにはいかない公演」初日。

 

こじまこの覚悟

アンコールMCで、こじまこは笑顔でマイクを取った。

高橋朱里チーム4結成となった時に、雑誌の取材の時とかに『新チーム4大丈夫か?』ということを結構聞かれることが多くて…」

そこでこじまこはほんの一瞬声をつまらせる。

 

「ここで…あのーこの場をお借りして言わせていただきますが、」

震える声にそのまま泣いてしまうのかと思った。

でも、おそらくこの時にこじまこの目線の先にいたキャプテン高橋朱里を見て彼女の声の震えは止まる。

きっとそんな風に何度も聞かれて悔しかったんだろう、覚悟を決めたようにいつにも増して確かな笑顔で言いきった。

 

「大丈夫です!」

 

その後のすがすがしい顔も凄みがあり、彼女は気迫に溢れていた。

 

f:id:mndl34:20151204051055j:plain

(『ハートが風をひいた夜』のこじまこ)

 

良いモノはちゃんと、届く

公演曲では、特にconfessionの反響が大きかったように思う。

姉妹グループから来ているメンバーもMCやパフォーマンスでも違和感なくなじみつつ、その存在感を発揮していた。

 

彼女たちの熱は「チーム4」というワードがTwitterでトレンド入りするぐらいちゃんと伝わっていた。

公演後のこじまこのGoogle+の”「ロックだよ、人生は…」のラストサビで思わず柵を乗り越えたくなった”という話からも、メンバーもその勢いを自分たちで感じていたのが分かる。

 

私は少しほっとした。良いモノが良いモノとして届かなければ意味がない。

ちゃんと、チーム4公演はファンたちに届いていた。

私も特別期待していたわけではなかったが、その熱がここまで届いた。

 

本当にいいものは、興味がなかった人まで、ずっと遠くまで、伝わっていくパワーを持っている。

 

キャプテン高橋朱里がアンコールMCで「これからのAKBグループが楽しみだと思ってもらえるように」と言葉にしたように、AKBグループの未来が楽しみだと思える人の輪がこの公演でどんどん広がっていってほしい。

 

 

最高のチームへ

さっきのこじまこの言葉には続きがある。

「(チーム4が)ほんとに最高のチームになる予感しかしてないですし、最高のチームになってます。もう仕上がり始めてます。」

 

最高のチームなんて口では簡単に言えるし、これまでいろんなチームが内外からそう評価されてきた。

 

でも、こじまこは本気だ。

これから48グループの未来を背負うこと、チーム4のエースとして立つことを自覚して、その上で、「最高のチーム」と言っている。

 

こじまこだけじゃない。

キャプテンの高橋朱里も、副キャプテンの岡田奈々も気合は十分。

 

チーム4が仕上がるのが楽しみだ。

 

f:id:mndl34:20151204051104j:plain

 

参考URL

小嶋真子が新チーム4についてコメント 「もう仕上がり始めてます」 (初日公演より) - AKB48@メモリスト

高橋朱里『新チーム4初日』キャプテンコメント - AKB48@メモリスト

AKB48高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」初日公演を終えたメンバーの投稿まとめ - AKB48まとめんばー

【AKB48】しのぶオフショット写真館―高橋朱里チーム4初日編 - AKB48まとめんばー

”それでも”をくり返して

 

それでも好きなものは、好きなのだ。

 

文章を書く人としての指原莉乃

なにがきっかけだったかすら覚えていない。2011年の5月くらいだったと思う。

本当に偶然行きついたそのブログの言葉選び、リズム感にすぐに私は虜になった。

 

そのブログ主は、指原莉乃といった。

当時AKBに興味のない私はアイドルとして彼女を知る前に”面白い文章を書く人”として指原莉乃が好きになった。

 

はじめて読んだ日から3日間かけ、休み時間や寝る時間を削ってまで「指原クオリティー」を最初の記事までさかのぼって全部読み切った。

とにかく夢中だった。読む手が止まらなかった。

読み切ると、もう次の更新が待ちきれない。

 

文章には人柄が出る、と思っている。

日常のことをおもしろがる視点をもって切り取ったブログ。

一番最初は道ばたにネギが落ちていたという話だった。

 

”オタは推しに似る”と言われるように、それをおもしろがるファンも楽しそう。

自著『逆転力』でも触れているように、コメント欄も含め「指原クオリティー」は成立していた。

 

どうしようもなく彼女のユーモアとテンポの良い文章が好き。コメント欄からも溢れるブログの雰囲気が好き。

書き手→読み手という一方的な関係のものではなく、言葉が新しい言葉を生む。

ユーモアから、ユーモアが広がる。

 

文章の新しい楽しみ方を知った。それくらい衝撃的な文章体験だった。

 

私自身、どうせなら面白いことを見つけながら生きていきたいタイプの人だ。

だから、もう、指原莉乃を好きにならないわけがなかった。

 

 

さしこのくせに

好きになるともっともっと知りたくなってしまう。

ちょうどそのころやっていたのが「さしこのくせに」

実はAKB史上、メンバー個人では初の冠番組。

 

正直言って大目に見ても、企画の当たりはずれが大きく、指原本人が面白いわけでももかわいいわけでもなかった。

でもなぜか、目が離せない。構いたくなる。

「おいおいがんばれよ…!」って笑って言いたくなる。

 

「がんばれ!!」じゃない、

「おいおいがんばれよ…!」感。

 

できなさに呆れながらも、手をかけてかわいがりたくなる指原のこの才能を秋元康はさしこ力と言ったが、まさにその力に魅了されてしまっていた。

 

でもその魅力の根源をたどれば、指原のおもしろがる精神があったからこそ。彼女はおもしろがるから、おもしろがられている。

 

 

それでもこの世はおもしろい

それから、いろいろあった。(その話はまたいつか)

順調に総選挙順位をあげたり、奪われたり奪い返したり。

彼女を取り巻く環境も彼女が使える武器も当時とは大きく変わったから、ブログファンとしては悲しいことにブログ更新はほとんどなくなってしまった。

 

それでも彼女はテレビのなかや、ツイートでおもしろがる姿勢をみせてくれる。

したたかにしなやかに、世の中をうまく渡っていく。

 

指原の名言に、「推しは増やすもの」というものがある。

推しに似て、その言葉通り私は好きな子がたくさん増え、いわゆるKSDDになった。

 

これからはこのブログで色んな子や番組や歌について書いていくと思う。

KSDDとして逃げも隠れもせず。

 

それでも、一番好きなのは、指原莉乃だ。

 

f:id:mndl34:20151204054030j:plain